国際福祉機器展2010−その6( 車椅子でもWii Fitでリハビリ)

2010.11.02 Tuesday 12:18
0

    書きそびれていましたが

    今回、nanahoshiを釘付けにした商品は、

    な、なんと!

    佐賀大学の井手 准教授が開発された

    車椅子に乗ったまま Wii Fit を操作 出来る『ノッテコン』と

    博多区麦野の会社が販売していた

    充電式電池の湯たんぽとサポーターでした。

    どちらも九州勢と言う事で、話が弾み

    お話も、しっかり伺えました。

    『ノッテコン』は、

    日本リハビリテーション工学協会が主催する

    福祉機器コンテスト2010で優秀賞を獲得。

    9月29日から10月1日まで東京ビックサイトで開催された、

    国際福祉機器展に入賞作品として出展展示されました。

     http://npo-osewa.web.infoseek.co.jp/nottekon.html

    w1

    w2

    w3


     佐賀大学高等教育開発センターの

    准教授 井手 將文(イデ マサフミ)先生が

    任天堂「WiiFit」に簡単に付加できるインタフェースです。

    WiiFitに「ノッテコン」をかぶせるだけで、

    車いすにのったままゲームを楽しむことができ、

    設定の仕方を工夫すると、

    きわめて重度な障害者にも対応可能です。

    また、高齢の方も椅子に座って、

    転倒の危険なくゲームを楽しむことが出来ます。

    で、こんなに力作なのに、15,000円ぐらいなんですよね。

    ビックリです!

    普通の介護用品は

    何であんなにたかいんでしょうかね?


    JUGEMテーマ:介護用品

    category:介護・認知症 | by:nanahoshicomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    ブログランキング ドット ネット
    ブログセンター
    人気ブログランキング
    検索キーワード
    ブクログ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM