入江FTの焼針と言えば真木 昌 先生3

2011.06.21 Tuesday 12:34
0


     十二歳の水泳の女子選手がリオ州の選手権大会出場のため、
    クラブ医師の健康診断を受けましたが、
    心臓におかしな雑音があると指摘され、
    即刻練習中止、
    試合も出場できなくなりました。

    ワンワンと泣くその娘を可哀相一に思った私は、
    毎 日、両腕の心経と心包経を主にした指圧治療を行い、
    試合の三日前、心臓の専門医にみせて
    その結果を診断書としてクラブ医師に見せるよう言いました。
    診断書には「正常」「出場可能」とあり、
    私はその娘と一緒に
    クラブ医師のところに出場の許可をもらいに行きました。
    彼は顔色を変え物凄く不機嫌になりましたが
    仕方なく出場を許可してくれました。
    試合の結果は わずかに新記録は作れなかったものの
    金メグルでした。

    クラブ会長を始め清掃員のスタッフまでが大喜びで、
    私に拍手喝采してくれました。
    それから暫くして、
    クラブの会長が一枚の紙を私に見せ、
    「読みなさい」と言うので目を通すと、
    前記四人の医師たちが連名で、
    私の存在に反対運動をしているというものでした。
    会長は「心配するな。契約したのは私で医師たちではない。
    マキのしている仕事は四人の医師よりも優れた効果をもたらせている。
    このまま仕事を続けなさい」と
    言ってくれました。
    ところがこのようなクラブは選挙によって
    会長始め役員を決めるので、
    次の会長役員選挙のとき、
    主立った顔ぶれは殆ど入れ替わってしまいました。
    新しく専任された水泳部長は私を部屋に呼んで
    次のように言いました。
    「マキの仕事ぶりは非常に優れている。
    しかし当クラブの行き方より二十年は前に進み過ぎている。
    ずっと将来にはマキを必要とする日が来るかも知れないが、
    今は不適当だ」と
    クラブコーチから外されてしまいました。

    私は呆れてしまいましたが、
    同じリオのボタファゴ・クラブに移り、
    そこで前記のガヒンシャの膝を治療する巡り合わせとなったのでした。


    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    ブログランキング ドット ネット
    ブログセンター
    人気ブログランキング
    検索キーワード
    ブクログ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      reaseqfuol
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM