狭い産道を大きな頭が通り抜けられるように、 赤ちゃんの頭蓋骨は、とても柔らかい?

2011.08.25 Thursday 14:54
0
     >人間は進化の過程で‘が大きくなり 
    >直立歩行に合わせて産道が狭くなりました。 
    >そこで狭い産道を大きな頭が通り抜けられるように、 
    >赤ちゃんの頭蓋骨は、とても柔らかいのです。 
    >人間の赤ちゃんは他の動物に較べて、 
    >かなり未熟な状態で生まれますので、 
    >生後1年は急激な脳の成長が可能になるように、 
    >頭蓋骨は、しばらく柔らかい状態が続きます。 
    >この間、一定の姿勢のみで寝せていると、 
    >頭の一部にのみプレッシャーがかかるため、 
    >いびつになってしまいます。このような状態は、 
    >主に生後6〜8ヶ月の間に起こります。 
    >特に未熟児の場合、頭が柔らかいのでいびつになりやすいです。 


    本当でしょうか? 

    狭い産道を通り抜ける為には 
    頭蓋骨は硬い方がいいのでは? 

    赤ちゃんの頭蓋骨がとても柔らかいのは 
    脳の成長を邪魔しない為ではないのでしょうか? 

    ちょっと、疑問に思います。 


    最後の 

    >最近のベビーカーシートは、 
    >普段も赤ちゃんを寝かせておけるようになっていて便利ですが、 
    >長時間寝かせておくことは、頭の形によくないないだけでなく、 
    >首の筋肉のために呼吸器のためにも、あまり好ましくありません。 


    ってのは、同意出来るのですが・・・・・
     




    Comment
    先生の疑問、もっともですよね。

    産道を通るだけだったら、頭蓋骨が固い方が間違い無く通りやすいはずですが、固いままだと脳の成長を阻害するので、天秤にかけた結果柔らかい方が良いのでそうなっているのだと思います。

    頭蓋骨同様、大人になれば心も身体も段々固くなっていくので、生後5ヶ月の息子にならって心身共に柔らかくならなければ…と思うこの頃(笑)
    • ウル@父親
    • 2011/08/26 3:01 AM
    まあ、男が解る筈がない!
    って前提で出来上がっていますからね。
    正しい学問ってのが
    世の中、どれだけあるのでしょうかね?

    • nanahoshi
    • 2011/08/26 8:21 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    ブログランキング ドット ネット
    ブログセンター
    人気ブログランキング
    検索キーワード
    ブクログ
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      barbaraker
    • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
      nanahoshi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM