風邪とインフルエンザ

2009.05.13 Wednesday 01:06
0
    ウルさんからのメールが


    「先生、なんだか身体の中にウィルスがいます!
     インフルエンザですかね?
      Oリングテストや入江FTをしてきて
      近頃は、テストしなくても、何となく感じる様になりましたが
      今日は、体内にウィルスが、ウジョウジョいます。」

    そうなんですよね

    インフルエンザの時は、
    ウィルスがウジョウジョいるのを感じます。

    風邪の時は、竜巻が体内に居て
    ツボを触ると指から入って来て
    喉から咳として出るんですよね。

    知らない患者さんには、「あら、先生、風邪?」と言われますが
    私じゃないですよ。

    花粉症・アレルギーは、右鼻翼の横のツボに反応が出ます。

    今日も、ウル様は、身体を張って
    東洋医学の真髄を体得している様です。

    睡眠は、もう少し取っておきましょうね。

    花粉症にはデスソース!

    2009.03.02 Monday 02:23
    0
      death1


      数年前まで、「曲池・合谷にタバスコを少々塗る」
      と言うのが、入江 正式の花粉症治療でしたが・・・
      この処・・・効かない・・・。

      しかし!
      居酒屋「俺の家」で発見!

      「花粉症にはデスソース!」これ、効きます。

      曲池・合谷に極薄く塗る! いや、当てる?感じです。

      お試しあれ




      サイト人気ランキング 

      ランキングはこちらをクリック!

      骨のズレ

      2008.11.01 Saturday 02:17
      0
        経脈を利用する医術の世界は広く、
        数限りない宝の山がある、
        という実感がある。

        例えば脊椎の一部の僅かなズレで起こる
        肩背痛、腰痛、膝関節症などの場合、
        私はこれまで、骨しか見なかった。

        しかし、骨の変位はそれを支持する筋群の一部の弛緩と緊張に
        よって起こったものであり、
        結局のところ、
        筋群の中を通る経脈を調整すればよいであろうということに気付き、
        円皮鍼と皮内鍼と焼針で治療出来る方法を開発し好評を得ている。


                     漢方治療原論 著者 入江正先生 より




        骨も筋肉も、死ぬまで変化しますから
        毎日、どう重力と付き合うかが長生きの秘訣でしょうね。

        早く、経脈の調整だけで、
        骨の変位・変形を治せる様に成りたいものです。


        鍼灸観 

        2008.10.12 Sunday 09:48
        0
          蒼穹堂治療室のブログ<日々是烈日>より

          ウチはあくまで治療院であって拝み屋ではないのだが、相も変わらず仏像の写真や護符が活躍している。しかし、使っているのはそれだけではない。

          講談社では週刊『日本の仏像』シリーズが完結し、今は『世界の美術館』シリーズに変わったが、キネシオロジーの筋肉反応テストで診ると、そのNo.1『ルーヴル美術館 戮惑磴辰箸院△箸いε。経験上、そういう時は逆らわずに従うのがいい、ということで買ったら、早速それが治療に役立つことになった。ちなみに、この『ルーヴル美術館 戮暴个討い襪里蓮▲澄Ε凜ンチの『モナ・リザ』、ダヴィッドの『ナポレオンの戴冠』、そして『サモトラケのニケ』などだが、実際に使ったのはそれらではなく、さまざまな画家の描いた『受胎告知』の一部の写真だった。

          こうなると、つい「やっぱり宗教物は効くんだ」と思ってしまうのだが、ミケランジェロの『最後の審判』が収められたNo.4『ヴァチカン美術館』は「いらない」という答。これは意外だったので何度も確認したが、「いらない」という答は一貫して変わらなかった。「治療で効果がないのか」と聞くと「大きな効果がある」という答が返ってくるので、「いらない」という理由を尋ねると、「お前には使いこなせない」とのこと。どうやら、どれが使えて、どれが使えないかは、施術者の器量にも関わるらしい。

          さて、そのテクスチャー・セラピー(と、私は勝手に呼んでいる)だが、別の使い道があることに最近気づいた。食品アレルギーを持つ子が来た。その子の検査には、アレルギーを持つ食品が必要になる。それが1種類ならいいが、数種類になると、揃えるのが大変だ。しかも、置いておくと食品は劣化するので、その都度新しい物に置き換えなければならない。私は一人暮らしで、それほど頻繁に料理することもないので、普段自分があまり使わない食材だと無駄に捨てることになりかねない。

          解決手段としては、食品を何かに波動転写しておけば、改めて同じ食品をその都度買い換える必要はない。で、それをやろうと思っていたのだが、朝いつものように新聞を取ってきた時、ふと気づいた。波動転写なんてしなくてもいい。食品なら「ここ」にあるじゃないか、と。「ここ」──毎日のように新聞と一緒に入っているスーパーの折り込み広告の中に。そこには豊富な食材が写真入りで載っている。現物がなくても、これを使えば同じように調べられるはず。実は私は、いつも広告を前にキネシオロジーで調べて、これは買う、これは買わない、とやっていたのだ。

          それだけでなく、定期的に来てくれている患者でフォーカシングがかなりのレベルまで使いこなせるようになった人がいて、その人の治療の中で試験的にこの広告の切り抜きを使ってみたところ、体はその食品を正しく認識することも確認した。

          そんなわけで、その子のために食品の現物を用意する必要はなくなったのだが、バターや牛乳のようなパッケージに入っている食品がどうなのかは、まだよくわかっていない(空のパッケージだけを撮ったものと、中身が入っている状態で撮ったものとでは、結果が変わるのではないかと思うが、それぞれのチラシ広告の写真がそのどちらなのかはわからない)。その辺も含めて、これから更に調べてみたい。


          ここまで転載

          カイロプラティックも20年程前から、潜在意識まで治療の対象としており、患者さんの無意識の思考なども解るテクニックがあるのですが、
          眼に見えるものでは無いので、思考錯誤ではあります。

          チラシは、術者・患者のイメージの補剤であって、
          MEIの牛乳を見ながら、MEGUの牛乳をイメージしているって事
          ありますよね?
          患者のイメージにリンク出来ればいいのかな?
          と、思います。

          私には「自分の子は、かわいい!」と言う感覚が余り無いのですが、
          彼女の行動は面白いです。

          迷う時にはOリングテストをしていますよ。 
          ハリセンボンヌ先生にネックレスを買ってもらう時にも、
          Oリングテストをしながら選んでいました。
          ツボは、もう悩まない様で、
          肩が自動でキネシオロジーテストしているみたいです。
          (悪い個所は、肩が凝るらしいです。)

          たぶん今は、「私にも整骨ぐらい出来る!」と
          思って練習開始しています。
          練習台はnanahoshiですが、確かに完成しつつあります。
          居酒屋で、弟子達に技を披露する予定みたいです。
          7歳ぐらいの子は一番、気に敏感の様な気がします。
          昔、男の子に「チ○コに、お灸して!」と言われ、
          御母さんは、「何て事言っているの!」と言っていましたが、
          FTでST(悪い個所)だったのでお灸したところ、
          「お腹の痛みと頭のモヤモヤがスッキリした!」と、
          えらく元気に帰って行きました。
          もう一人の子も、「虫に刺されたけん、鍼して!」と言うので、
          効くのか?と思いながら刺しましたが、
          5百円玉ぐらいの腫れが、瞬時に消滅しました。
          どちらも「ココにして!」と位置指定だったのですが、
          あまりの効きに、以来、子供の言う事は聞く事にしています。

          こんな事を繰り返す毎日ですが、面白いですよ。

          音素診断学15・・・「音素診断学」 より

          2008.09.01 Monday 08:10
          0
            人間の人体構造をすなおに観察してみれば,

            まず頭蓋・脊椎の関節系があり,脳・脊髄の神経系があります。

            生命が正常であるためにには、

            この関節系と神径系とが正しく機能することが必要であり,

            そのことからこの二系統が

            生命のすべての始まりをなすと言っていいでしょう。

            この事の理解には、なにも得別な知識や学問言や権威などは要りません。

            むしろ,現代の医学的固定観念を捨ててみる必要があります。

            そうしないと、観えるものも観えなくなってしまいます。

            鍼灸などの東洋医学であろうと,内科外科などの現代医学であろうと,

            この二系統の重要さを診断治療の

            基本原理として捉えない限り,

            正しい治療を行う医学・医道の発展は望めません。




            nanahoshiが学生時代、

            末原征朗 先生の壮大な意志と強い反骨精神を感じて

            驚愕したものです。

            音素診断学14・「音素診断学」埼玉県立久喜図書館より拝借

            2008.09.01 Monday 08:09
            0
              onso1



              onso2



              onso3




              来ましたよ〜!


              「音素診断学」



              20年振りぐらいで見ます。

              15年ぐらい前に購入していましたが、

              誰か持って行ったまま、戻って来ません。


              「音素診断学」を知って20年

              読み直すと、末原先生の反骨精神をより強く頼もしく感じます。


              「音素診断学」は、音素を用いてより正確な診断を行う技法です。



              埼玉県立久喜図書館より拝借致しました。

              残念な事は、貴重な書物にバカが記入している事と

              病名音素コードのコードの文献が無い事です。

              末原先生から購入出来たのは、

              「音素診断学」と「元素診断学」だけです。

              末原先生なら、殆どの病名の音素コードを見付けていらっしゃると

              思いますが、未だにその文献を見た事がありません。

              今の私には、まだ「元素診断学」が理解出来ません。


              病名音素コードがあれば、無意味な検査もしなくて済むと思います。

              どなたか持っていらっしゃらないものですかね。

              音素診断学13・・・焼針と言えば七星鍼灸院

              2008.09.01 Monday 08:08
              0
                先日、糸練功・東洋医学専門治療院“近江治療院”の當山先生と

                佐賀の薬剤師・鍼灸師の堤先生とで夕食に行きました。

                時間があれば、たぶん、3日間は、喋っていますね。

                お熱う御座いました!

                そこで、「焼針やら入江FTやら糸練功やら検索すると、

                すぐ、nanahoshi先生 出て来ちゃうよ!」と言われました。

                近頃、そう言えば、そんな御話が多いです。

                入江FTなんかは、正式な御弟子さんがいるのですから、

                もう少し、公開して欲しいものです。

                そちら側からすると、nanahoshiは、

                テクニックをバラし過ぎかも知れませんが。

                撒餌をして大物を待って、

                更なる収穫をする外ありません。



                そして今日、大物がかかったよ!

                かなりデキルと観たよ! ボンヌ君!

                蒼穹堂治療室のブログ<日々是烈日>
                 http://blog.goo.ne.jp/sokyudo/e/489cf90e4b127e61a35a292cc787a770
                 七星鍼灸院が出ていました。

                 http://blog.goo.ne.jp/sokyudo/e/a70b9bad76ea05e023474e0de0a3356c

                蒼穹堂治療室
                 http://www33.ocn.ne.jp/~sokyudo/Profile.html
                 バッハとミステリを愛する治療家だって、オサレさんですね〜!



                やっぱり、インターネットは楽しいです。

                今日も大物が釣れました。

                ブログを見れば、本物かどうかは、すぐにバレマス。

                小学生にも、携帯・パソコンは持たせるべきです。

                インターネットから授かる恩恵を知らない人が、

                ホワイトポストと間違って禁忌にすべきでは無い!



                高澤先生にお渡しする資料を作るのが楽しく成って来ました。

                音素診断学12・・・・・部位、骨・関節・靭帯と経穴

                2008.09.01 Monday 08:04
                0
                  部  位  音 素   経   穴

                  腸骨     キ    環中・腰眼・腰根
                  股関節    ヌ    環跳・承扶・髀関
                  膝関節    ギ    膝関・陽関
                  膝蓋靭帯   ソ    犢鼻
                  脛腓関節   ヅ    蠡溝・崑崙
                  足関節    コ    中封・申脈
                  踵骨     ポ    水泉・金門
                  足根骨    デ    陥谷・臨泣・解谿

                  中手骨    ヨユ   合谷・後谿
                  手関節    ギ    太淵・陽谿・大陵・陽池・神門・腕骨
                  橈骨     ポン   列缼・偏歴
                  尺骨     ピ    通里・支正
                  肘関節    グ    肘髎・清冷淵
                   

                  え〜と、これをどう使うかと言いますと
                  上は、足の故障の原因
                  下は、手の故障の原因を見付けるのに使います。

                  反応が有る音素があれば、その部位の治療穴となる経穴に
                  お灸でもしてみましょう。

                  こんなもの、普通の鍼灸師は、知りません。
                  かなり、ディープなモノで御座います。

                  音素診断11・・・・・・虫歯の音素は、「ム」

                  2008.09.01 Monday 08:01
                  0
                    「音素診断学」ネタも、何度目かになりますが、
                    1度ぐらいは、やって貰えました?

                    「音素診断学」には、Oリングテストや入江FTや筋肉テストを用います。

                    さて、Oリングテストのおさらいです。

                    Orinngu1

                    先ず、右手で、Oリングを作り、しっかりと力を入れる。
                    その、親指と人差し指を引っ張って貰い、「開かない」事を確認する。

                    そして、今回は、「ム」を発声。

                    もう1度、しっかりと力を入れ、親指と人差し指を引っ張って貰う。

                    開いた方は、虫歯です! 直ぐ、せき歯科に行きましょう!


                     この音素、3年前に、歯を磨こうとしたら、
                    「ム」が、顔から飛び出して来ました。 
                    直ぐに歯医者に行って、
                    『「ム」が、顔から飛び出て来たので、虫歯だと思います。』と言って、
                    銀歯を剥いで貰ったら、虫歯が進んでいました。 
                    まだ、痛くもなかったんですよ。

                    「はじめ人間ギャートルズ」って、御存じですか?
                    「はじめ人間 ゴッゴッゴーン!」ってヤツです。
                    あれで、「ギャー!」とか「ウォー!」とか、
                    口から文字が出て来ていましたよね。
                    あんな感じで、「ム」が、顔から飛び出て来たので、
                    ビックリしました。



                    こんな事、関 先生だから、付き合って貰えたなか?
                    確かに、虫歯検査機でも、反応しない位の小ささでした。


                     それで、「ム」が、虫歯の音素だと解りました。


                     その少し後、舌は、「Zu]と言う文字で、出てきました。
                    何故か、「平仮名」「カタカナ」では、しっくりこないんですよ。 他のものは、「平仮名」「カタカナ」「ローマ字」と「音」だけで「文字」の制限は無いのですが・・・・・。

                     正しい鍼の打ち方なんて、まだまだ、「映像」で、出て来た事無いので、研究不足なのかなぁ。



                    「ム」と「Zu]、直ぐ、やってみて下さいね!

                    onso

                    音素診断10・・・・・・・奇経八脉の音素

                    2008.09.01 Monday 07:52
                    0
                      奇経八脉の音素

                      督 脉・・・・・・ノ
                      陽蹻脉・・・・・・シ
                      陽維脉・・・・・・ヘ
                      帯 脉・・・・・・ヌ
                      任 脉・・・・・・ユ
                      陰蹻脉・・・・・・モ
                      陰維脉・・・・・・ケ
                      衝 脉・・・・・・ル

                      Calender
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      ブログランキング ドット ネット
                      ブログセンター
                      人気ブログランキング
                      検索キーワード
                      ブクログ
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      • 脳梗塞・脳溢血に鍼灸 2
                        reaseqfuol
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM